Cast

ビリー・クラダップ | サム

ビリー・クラダップ | サム
1968年7月8日生まれ、ニューヨーク州出身。
映画デビュー作品は『スリーパーズ』(96/バリー・レヴィンソン監督)で、ロバート・デ・ニーロ、ブラッド・ピット、ジェイソン・パトリックらと共演。続いて『世界中がアイ・ラヴ・ユー』( 96/ウディ・アレン監督)、『秘密の絆』(97/パット・オコナー監督)に出演。また英語吹替版『もののけ姫』(97/宮崎駿監督)ではアシタカ役を担当している。その他主な出演作品には、『あの頃ペニー・レインと』(00/キャメロン・クロウ監督)、『シャーロット・グレイ』(01/ジリアン・アームストロング監督)、『ビッグ・フィッシュ』(03/ティム・バートン監督)、『M:i:Ⅲ』(06/J・J・エイブラムス監督)、『グッド・シェパード』(06/ロバート・デ・ニーロ監督)、『パブリック・エネミーズ』(09/マイケル・マン監督)、『ウォッチメン』(09/ザック・スナイダー監督)、『食べて、祈って、恋をして』(10/ライアン・マーフィー監督)などがある。舞台では、ブロードウェイ・デビューは、トレバー・ナンが演出したトム・ストッパードの戯曲「Arcadia」でアウター・クリティクス・サークル賞の最優秀賞新人賞やシアター・ワールド賞を含む数々の賞を受賞。また舞台俳優労働組合から優れたブロードウェイ・デビューを称えられ、クラレンス・ダーウェント賞が授与された。「コースト・オブ・ユートピア」でもトニー賞の助演男優賞を受賞。舞台や映画を問わず素晴らしい演技は、絶えず高い評価を受けている。

アントン・イェルチン | クエンティン

アントン・イェルチン | クエンティン
1989年3月11日生まれ、ロシア連邦共和国レニングラード出身。
9歳から活動を開始し、『アトランティスのこころ』(02/スコット・ヒックス監督)でヤング・アーティスト賞主演男優賞を受賞。『チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室』(09/ジョン・ポール監督)で初主演を果たし、高い評価を受ける。主な出演作品は『スター・トレック』(09)『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(13/共にJ・J・エイブラムス監督)、『ターミネーター4』(09/マック・G 監督) 、『それでも、愛してる』(12/ジョディ・フォスター監督)、『誰かが私にキスをした』(10/ハンス・カノーザ監督)、『スマーフ』(11)『スマーフ2 アイドル救出大作戦!』(13/共にラージャ・ゴスネル監督)、『フライトナイト/ 恐怖の夜』(12/クレイグ・ギレスピー監督)、『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』(13/ジム・ジャームッシュ監督)などがある。また英語吹替版『コクリコ坂から』(13/宮崎吾朗監督)では、主役の声を担当した。2009年には「ピープル」誌の「最も美しい人100人」に選出された。ハリウッドで最も期待されている若手俳優の1人である。

フェリシティ・ハフマン | エミリー

フェリシティ・ハフマン | エミリー
1962年12月9日生まれ、ニューヨーク州出身。
98-00年に放送された「Sports night」に出演し注目を集める。『トランスアメリカ』(05/ダンカン・タッカー監督)で映画初主演を果たし、高い評価を得る。アカデミー賞候補となり、ゴールデングローブ賞、インデペンデント・スピリット賞を受賞した。また大ヒットテレビ・ドラマシリーズ「デスパレートな妻たち」(04-)で主人公の一人として出演し、エミー賞や全米映画俳優組合賞の最優秀主演女優賞を受賞し人気を博す。またオフブロードウェイのアトランティック・シアター・カンパニーの創立メンバーの1人で、数多くの舞台に主役として立った。自身の会社ベロシティはテレビや劇場の作品をプロデュースしている。97年には本作の監督であるウィリアム・H・メイシーと結婚、2児の母でもある。

セレーナ・ゴメス | ケイト

セレーナ・ゴメス | ケイト
1992年7月22日生まれ、テキサス州出身。
子役としてテレビドラマ「バーニー&フレンズ」(02-04)でデビューを果たす。『スパイキッズ3-D:ゲームオーバー』(03)で映画デビュー。ディズニー・チャンネルのテレビ・ドラマシリーズ「ウェイバリー通りのウィザードたち」(07-)でアレックス・ルッソ役を演じ注目を集める。このドラマのヒットで世界中にファンを持つ有名女優になり、共演者とともに09年と10年にエミー賞最優秀子供向け番組賞を2度受賞。主な出演作品は、ディズニー・チャンネル映画『プリンセス・プロテクション・プログラム』(09)、『ウェイバリー通りのウィザードたち/ザ・ムービー』(09)で主演、『スプリング・ブレイカーズ』(12/ハーモニー・コリン監督)に出演。また、ポップロックバンド「セレーナ・ゴメス&ザ・シーン」のボーカルを担当、ティーンを中心に絶大な人気を誇る。常に慈善活動や社会貢献も重要視し、ユニセフ親善大使も務めている。

ローレンス・フィッシュバーン | デル

ローレンス・フィッシュバーン | デル
1961年7月30日生まれ、ジョージア州出身。
12歳の時、『Cornbread, Earl and Me』(75)で映画デビュー。14歳で、ニグロ・アンサンブル・カンパニーの舞台に立ち、舞台芸術高校に入学、15歳の時に『地獄の黙示録』(80/フランシス・フォード・コッポラ監督)に出演し注目を集める。オーガスト・ウィルソンの戯曲「二本の列車が走ってる」(92)のスターリング・ジョンソン役で、トニー賞、ドラマ・デスク・アワード、アウター・クリティクス・サークル賞、シアター・ワールド・アワードを受賞。フォックステレビ「Tribeca」(93-)のプレミア・エピソードでの演技では、エミー賞に輝いた。『TINA ティナ』(93/ブライアン・ギブソン監督)の演技でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされ、実力派俳優として堂々たる地位を築き上げた。99年には大ヒットシリーズ『マトリックス』(99)『マトリックス リローデッド』(03)『マトリックス レボリューションズ』(03/共にアンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー監督)でモーフィアス役を演じ一躍人気を博す。主な代表作は『ミスティック・リバー』(04/クリント・イーストウッド監督)、『M:i:Ⅲ』(06/J・J・エイブラムス監督)、『プレデターズ』(10/ニムロッド・アーントル監督)、『コンテイジョン』(11/スティーブン・ソダーバーグ監督)、『マン・オブ・スティール』(13/ザック・スナイダー監督)などがある。
ページトップへ