Introduction 息子が遺した奇蹟の音楽-。運命に導かれるように父親はギターを手にした。

突然の銃乱射事件で息子を亡くし、遺された未発表曲を歌い継ごうとする父親。そしてその歌に魅了されたミュージシャン志望の青年。音楽を通じて巡り合った、親子ほど歳の離れた男2人の再生と成長を描いたヒューマンドラマが誕生した。本作で監督デビューを飾ったのは『ファーゴ』や『マグノリア』での味のある存在感で知られる名優ウィリアム・H・メイシー。長年撮影現場で生きてきた経験と、演技からもにじみ出るペーソスとユーモアを活かし、良質な“人間ドラマ”と“音楽”をみごとに融合させてみせた。主演は『ビッグ・フィッシュ』のビリー・クラダップ。彼のギターの腕前は『あの頃、ペニー・レインと』で披露済みだが、本作では自らのバンドも持つアントン・イェルチンと共に吹替えなしで歌とギターを担当。音と音とが重なり合い、音楽を奏でる喜びに包まれる演奏シーンの数々には魅了されずにいられない。ストレートな感動だけでなく、衝撃的な“秘密”を持った秀逸な脚本を書き上げたのは、メイシーとインディーズ界注目の新進コンビ、ジェフ・ロビンソンとケーシー・トウェンター。『スプリング・ブレイカーズ』のセレーナ・ゴメス、『トランスアメリカ』でオスカー候補になったメイシーの妻、フェリシティ・ハフマンらが脇を固める。サムたちの心の旅の果てに訪れるラスト。すべての人に語りかけるようなクラダップの歌声に、誰もが静かな涙を禁じ得ないだろう。
ページトップへ